饂飩とお酒 からほり きぬ川
大阪市谷町7丁目のうどん屋「饂飩とお酒 からほりきぬ川」ホームページです。         谷町六丁目駅4番出口より徒歩約3分 谷町筋より空堀商店街を西に入ってください。
プロフィール

もうさん。

Author:もうさん。
大阪市中央区谷町7丁目6-35
06-6761-7744
(空堀商店街内)
11:20~14:00ラストオーダー(土日は14:30)
17:30~20:30ラストオーダー (麺売切れの場合はその時点で終了します)
定休日 火曜日と第一第三月曜の<夜>
地下鉄谷町線「谷町六丁目」駅4番出口より徒歩約3分



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



饂飩きぬ川、本日の夜営業は30分遅れの18:00からにさせていただきます。 よろしくお願いします。
本日の夜営業は、30分遅れの18:00からにさせていただきます。

よろしくお願いします。

顔面修復に行ってきます♪
スポンサーサイト
饂飩きぬ川、昼で売り切れの為、夜営業は臨時休業させていただきます。すみません、、、よろしくお願いします。
たくさんのお客様、ありがとうございました。
m(_ _)m
饂飩きぬ川、本日の夜営業は少し遅れて18:00より営業します
お昼は通常通り営業いたします。

よろしくお願いします。


饂飩きぬ川は、本日より夜営業も開始します。
秋の限定メニュー「きのこうどん」本日より発売します。

天盛り付きと、単品もあります。


10/21(水)より営業再開します。とりあえず昼営業のみとなります。
夜営業開始時期は、まだ未定です。

本日、退院しました。 
 
しばらくの間は、通院等の為不定期にお休みいただく事になります。
よろしくお願いします。

10/21(水)の営業時間は、
am11:20~pm14:00


退院する事になりました。
昨夕の検査結果で、2.3ヶ月で元に戻るでしょうとの最終診断が出ました。

という事で、月曜日に退院します。

たくさんの方々にご心配かけてすみませんでした。
また、励ましをありがとうございました。

ぼちぼち準備始めて、水曜日から営業再開します。
とりあえず2.3日は昼だけにしようと思っています。

顔面神経麻痺っていうと、かわいそうな響きですが、顔が一時的に不細工なだけで、身体は元気なんです。
今の仕事に顔は関係ないので、本人的にはかなり気楽にしてます。

といいながら、体力は落ちているのを自覚しているので、ぼちぼちやっていこうと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

衣川
今回の発症原因について
ある日突然発症した、この顔面神経麻痺。
どうしてそうなったの?
と、思う方は多いと思います。

私自身の身体的問題としては、免疫力が恐らく底まで落ちていたという事なんでしょう。

原因はまだ最終特定できていませんが、とりあえずヘルペス性ウイルスのせいのようです。
ヘルペス性ウイルスは、おそらく誰の身体の中にもいるウイルスだそうです。
例えば、幼い頃に治ったはずの水疱瘡を発症させたヘルペス性ウイルスは、無くなる事無く残っているんだそうです。

ウイルス自体の力は弱いのでしょうが、相対的に免疫力の落ちた私の身体には十分な力を発揮したというイメージでしょうか。

同様の症状の同部屋患者も、仕事が超多忙で、疲れてイライラしまくっていたと言われていました。

きぬ川は、おかげさまで、たくさんのお客様に恵まれて張り切って働いてきました。

ですが、自分が思っている以上に、体力は落ちているとの自覚をして、安全運転「ボチボチ」行く事が大事になりました
入院6日目
朝食
カルシウム、マグネシウムが豊富なのりたまごふりかけ、
添加物も豊富に入ってます。


きぬ川では、
空堀への移転後に食材への考え方がかなり変わりました。

麺や出汁を、よりきぬ川らしくしていきたい事に加え、調味料や食材について、できるだけ安心安全なものにしたいと思っています。

それは、本当に毎日のように来てくださるお客様がたくさんおられるからです。
きぬ川で食べたものが、お客様の体調に繋がっていると感じたからです。

安心安全というのはどういう事か。
できるだけ、人体に悪い影響を及ぼさないという事。
それが守れられれば、あとは食物の栄養が体を作ってくれる。

麺の小麦粉
出汁の乾物
出汁の調味料
天ぷらの油
食材の野菜達や海老、卵、肉その他


それぞれにいろいろ考えました。

天ぷら用の油
人間の体の細胞には油はとても大切な役目を負っています。
新鮮で健康的な油を採ることはとても大切な事なんですね。

本当は、本当に圧搾しただけの良質のエキストラバージンオリーブオイルを生で採ることが、一番良いらしいです。

添加物を嫌い、ノンシリコーンのキヤノーラ油を使った時期がありました。

一般の業務用の油は、原材料を石油系の溶剤ヘキ酸に浸けて加熱し、油分を抽出します。

搾り取ると、油分がいくらか搾りカスに残るのに対し、材料ロスが少なく効率的です。

ですが、ヘキ酸は人体に発ガン性があるなど有毒危険です。
ヘキ酸を除去するために、油を高温加熱します。
高温加熱する事で、殆どのヘキ酸が除去されます。
そして、原材料の匂いや色も取り除かれ、無色無臭に近づきます。
と同時に、油本来の栄養であるレシチンやビタミンEなどの抗酸化要素も取り除かれます。
しかも油は熱で酸化します。
微量のヘキ酸も残っています。

私が、フライヤーに缶から開けたばかりのきれいなキヤノーラ油を入れた時には、既に酸化が進んでいる、という事を知った時の心の衝撃は忘れられません。

でも、そうやって作るから、使いやすい価格で買う事ができる。
しかし、それでいいのか?

そして圧搾式キヤノーラ油に切り替えましたが、キヤノーラ油の原材料は遺伝子組み換えされています。
安全な原料で圧搾式の油では、ごま油が良いのだろうと思ったけれども、さすがに価格的に高すぎる。

どうしたら良いのだろうか?
幸いに私には、本物を知っている強い味方がいます。
相談したところ、早速お知り合いのツテから、試しにとひと缶の油を届けていただきました。
圧搾式の「純正なたね油赤水」です。

翌朝、ワクワクしながらフライヤーになたね油を全量入れて加熱しました。
ですが、立ち上がった香ばしくも強すぎる臭いに怯んでしまいました。

試しに揚げた天ぷらは黄金色で香ばしい、サクッとしている。

けれども、その風味の強さに、これはきぬ川の天ぷらでは無いとの判断をして、油を入れ替えてしまいました。
それほど、天ぷらは白くてあっさり、油感の少ないカラッとしているものとの固定観念がありました。

それからの数日は紆余曲折がありましたが、自分の固定観念を変えて、なたね油の個性を生かす方向に考えを切り替えました。

遺伝子組み換えしていないオーストラリア産なたねを圧搾して湯洗い程度の精製をした油。
福岡の平田産業さんから取り寄せています。

香ばしい油の風味、サクッとした食感。
時間の経過と共に冷めた野菜天ぷらが更に美味しくなっていく不思議。

もちろん明らかなコストアップです。
でも、今のきぬ川の天ぷらは、私自身が食べるのを楽しみにしています。

今日は、ミネラルについてあれこれ調べました。
今後のきぬ川に生かしていきたいと感じました。

そして、今日も納豆の整腸効果あり♪

入院5日目
めざましテレビのロペ街占い、
新しい恋人と出会えるかも、
だって。

今朝?は1:15に目が開いて焦る。
でも6時近くまで寝られた。

朝食にみそ汁出た。
でも相変わらず出汁感が無い。
納豆を追加で食べる。

ネットで調べて、便秘にきくツボ・マッサージをして、事に望む。
ちょっと排出。ひと安心。

右目が乾いて少しヒリヒリするのが気になる。

初めて会う医者?からの診察。
点滴。

家族に着替えを持ってきてもらう。
状況を説明する。

今日はシャワーの日。
時間は15分。

友人が来てくれた。
うれしいお土産持ってきてくれた。
いつもと変わらず、相談したり乗ったり。
ありがとう。


同室の同様の症状の人と会話した。
彼も同年代、多忙で疲れていてイライラしていたそう。
突然の発症に驚いて、顔の変わり様に落ち込んでいるよう。
実際、いつもベッドで寝ている。
時間はかかるけど治るし、顔はちょっと不細工でも、体は元気だから働けるから大丈夫やで、と励ましておいた。

夕方に電気検査。
結構痛い。
結果としては、26.7点。
ギリギリセーフだそう。
20点を超えていたら、3.4ヶ月で完全に元通りになるとの事。
明後日に行う再検査結果が良ければ退院。
ただ、入院後麻痺状態は悪化しているので、明後日の再検査時の状況ではどうなるか。

退院後の治療の流れを聞いた。
通院は週一回の経過観察。
あとは薬2種。
頼るは自己治癒力のみっていう事ですね。

夜食でも納豆。
ほんの少し出た。
こんな事が大事だったりする。

入院4日目

やばい。2時半に目が開いた。 
同室患者のいびき、一日中点滴を必要としている患者と看護士のやりとりも聞こえて、眠れない。
それでもいつのまにかいくらか寝られて5時半に起きる。
だからといって、トイレに行くくらいしか用事はない。

朝食がご飯になった。
でも密かに期待していた味噌汁はなかった。
添加物入り海苔の佃煮
ヨーグルト飲料はある。
そしてバナナ。


担当部長診察
(この人が顔面神経麻痺医療の権威か)
麻痺スコア15%の高等度麻痺と診断。
悪化している。
聴力の衰えも指摘を受けた。
このままいくと補聴器が必要になるとの事。

麻痺について、私ができる事はありますか?
何もありません。 
では、やってはいけないことはありますか?
入院していればあとはいいです。

そして点滴。

再度別の医者による診察。
悪化している事から、麻痺スコア再確認のようです。
やはり高等度の診断。
しっかり直していきましょう、と言われたけど、私は何をしたらいいの?

昼食には、フルーツ缶詰め
添加物ドレッシング

午後はまた、
顔面マッサージ(毎日朝から1日三回やってます)
伝票のパソコン入力。

散髪屋の洗髪台があったので、使って良いことを確認して、洗髪。
すっきり。  
そしてDVD。
途中、仕入先の方がご夫婦で来てくれた。
ほとんどの方に病院をお伝えしていなかっから驚いた。
でも、この人は入院直前に会ったから伝えていたんだった。
小さくともお花が癒しをくれます。

飲み物を買いに一階のローソンへ。
何かお菓子でも、と思ったけど買えるものが無い。
ああ、ちゃんとしたものが食べたい。

漫画を再読。

気になるのが、今日は便秘。
下剤は採りたくないので、考えた。
ローソンに納豆あるかな。
乳酸菌さんの力を借りよう。

友人がラインを送ってくる。
気にしてくれてありがとう。



入院3日目

昨夜がんばって起きていた甲斐あって6時起床。
にしては、すごくいつまでも眠い。
すっきりしない。

朝食はクロワッサン。
なにげに包装の成分表を見ると、
クロワッサン60g×1
小麦粉 マーガリン 砂糖 パン酵母 脱脂粉乳 食塩 酢酸Na ホエイパウダー 小麦グルテン 植物油脂 乳化剤 香料 参加防止剤(VE)
着色料(カロテン) (原材料の一部に乳、大豆を含む)

マーガリンを始め、びっくりするくらいの添加物だらけ。
それにQBBのプロセスチーズ
果糖液糖たっぷりのヨーグルト飲料

翌日からご飯朝食に変更お願いした。

麻痺側の動きが、昨日より悪くなっている感じ。

日曜日だからか診察は無し。
病室で点滴。

昼食には、加工食品を寄せ集めた酢の物。
添加物だらけで醤油の体をなしていない醤油風調味料。
出汁を取っていない汁

今日も伝票整理と読書とDVD。
顔のマッサージ。
娘が持ってきてくれた野球漫画。
何十年かぶりの少年コミック五巻。
負けない気持ち、愚直な姿勢、人の気持ちへの感謝と応えていく気持ち。
そこから生まれる成長。
プチ感動もあって一気に読了。
続きを所望。

テレビを見ないので、22時に就寝。



入院2日目
案の定、三時に目が開いた。
うつらうつら五時半まで横になっていたが、仕方ないので起きる。

朝食はパンでお願いした。
牛乳とヨーグルト飲料を選べたので、ヨーグルトでお願いした。
でも、ヨーグルトというより、カルシウム不足を補う乳飲料でした。

添加物のドレッシングとジャム

スマホで顔をチェック。
麻痺側はのっぺらぼう。
右目でウィンクができない。
両目を閉じた時だけ、目がそれなりに閉じる。

10時頃に担当医診察。
麻痺症状は変わらず中等度麻痺の診断。

病室でステロイド点滴した後は何もない。 
1日三回以上の顔面マッサージ。


溜まりに溜めたら店の仕入れ伝票を整理。
病室のテレビは液晶でHDMI端子が付いているので、パソコンからつないでちょっとだけ大きい画面でお気に入りのDVDを見る。

本を読む。
テレビは少しだけ。

体は普通に元気なので、ストレッチしたり、階段を上り下りしてみたり。

FBに状況をアップしたが、果たして良かったのかどうか。

朝早く起きた為、20時頃には眠い。
でも、ここで寝たらまた3時起きだ。

なんとか耐えて22時に就寝。

ステロイドは、麻痺発症時に炎症やむくみを抑える事から、麻痺の進行を抑える効果があるらしい。

神経は一旦死んでしまう。
そして、原因となったウイルスの影響が最終まで来た状態状態から神経の再生が始まる。
耳の辺りから伸び始めた神経が行き渡ってから、動きの再生が始まる。

ただ、麻痺状態が重いと再生スタート時期が遅れる。 
退院して2.3ヶ月後からの再生という事もあるらしい。

長い時間がかかることを覚悟しなければならない。

さて、入院


とりあえず10日間は病院の中。

入院手続きはテキパキしてます。
部屋への案内まではスムーズ。

担当医の診察。
ステロイドの副作用で、
眠りにつきにくくなる
空腹感が強くなる
便秘になる
胃が荒れる。

眠れなければお薬出します
便秘になれば対応します。
胃が痛いようであればお薬出します。
安心してください。
(そんなに薬飲みたくないわ。こ、怖いー)
免疫力が落ちているので、フロアを移動する際はマスクをする事。
外出外泊の時は、風邪ひかないように。

麻痺症状は一週間は進みます。
一週間で進行はほぼ止まります。
一週間後に、電気を使った機械で検査をする。
その検査で、今後どの程度の回復が見込めるのかがわかる。
入院延長の可能性もある。
等々の説明を受ける。

外来の処置室で検査をして、ベッドで点滴。

点滴しに来てるようなもので、点滴が終わったらあとは、ほぼボーッとしてるだけです。

顔の筋肉が固まらないように、顔面マッサージをしなければなりません。
その際に、顔面を温める為のジェル状の湯たんぽも受け取りました。

これまでの日々では、この今ある時間に何をしておこうかと考えてしまってきたけど、バタバタしても仕方ないので、マッサージ以外は何にもしないで今夜は過ごす事にした。
普段見ないテレビ。
イヤホンつけると、CMのうざいこと極まりない。

途中、この病院に勤務している日本酒イベントがらみで話したことのある方が顔を出してくれた。
とてもうれしかった。

18時に晩御飯。
量的に少し足りないけど、じっとしているのでこんなもんでいいんだろう。
味は超減塩。


寝る前に、閉じにくい側の目の下瞼内に乾燥防止の塗り薬を塗って、眼帯をする。

22時消灯。
こんなに早く寝られないよー
と思いながら、観念して22時半に就寝。



入院初日の朝
朝早く、鍼灸院に電話する。
事情と気持ちを説明して、相談もしたいと依頼する。
たまたま予約キャンセルの枠が空いてるとのことで、朝一に向かう。

全身に鍼を打たれ、もぐさ灸を受けながらの話。
ここでは、病院の治療でよくならなかった人達もよくなっていってる。
事例を含めて説明してくれた。
ステロイドに対する不安を説明したが、ステロイド自体は効果のある治療なので、それを受けながら、或いは終わってから通う形を薦められた。
西洋医学と東洋医学の両方をいいとこ取りしていったらいいと。

私は、その方針に乗ることにしました。

鍼終了後は、爪がきれいなピンクになっていて、これは免疫力が上がっているとこうなると教えてくれました。



初日夜
自分の体というか、顔に起こったことより、入院の為の段取りに気を取られていた時に、今の医学療法について考える機会をつれた人がいました。

と、同時にステロイドという副作用の強い治療をしてよいものかとうかという疑問も感じるようになりました。

ステロイドの副作用
ステロイドの副作用

今の世の中には、100年前には存在しなかった、人間に対する異物が蔓延しています。

大手のハンバーガーや製パンが、何故カビず腐らないのか。
コンビニの弁当やおにぎりが何故いつまでも腐らないのか。
パックや瓶入りの加工食品が何故いつまでも食べられるのか。
買った葉野菜がなぜ枯れないのか。

影響は微力で健康に影響は認められないとされている電磁波。
電磁波は携帯や電子レンジだけのものではありません。
コンセントにつないだ延長コードは電磁波を発生しています。
更にそこにつないた充電コードからも発生しています。
家庭に配布されているwifiルーター、商業施設のwifiルーターから発している電磁波。
きぬ川では、依頼されて設置したwifiルーターは外しました。

私の就寝中は右手が届く範囲にスマホを置いています。
今回、顔右側に麻痺が現れたのもあながち無縁では無いかもしれません。

医薬品においては、販売側の製薬会社のデータが信頼のベースになっています。
副作用の方が効果より大きい薬もあるらしい。

コレステロール値や高血圧の基準が変わったのは、元になる試算データの元データの取り上げ方を変えたからのようです。
それが医療費抑制にもつながったりします。

薬は治す為のものではなく、発症した症状を数値的に本来和らげるだけなもので、治すのは自己治癒力なんですね。

人間にはそれぞれの個性があるように、体質も個性があります。
ヘビーな喫煙者が60才で肺ガンになる人
、90才でも元気な人がいます。

だから一律の健康基準を作るのは難しいと理解します。

今、私は一定の効果が認められていながらも科学的な異物を注入し、強い副作用のある治療を受けてよいのかと悩みました。
その副作用は、私の体に将来的な別の不の作用を植え付けないだろうか。

私は長生きしたいわけではなく、働けなくなったら死んでいいと思っています。
誤解されたくないので書きますが、これは私個人に対しての思いです。
働く事なく生きていたくないと思っています。

安全に治療できる道はないだろうか。
東洋医学における顔面神経麻痺に対する資料を調べました。
でも、時間はあまり無いので、本当のところはわかりませんでした。

その中で、顔面神経麻痺治療に取り組んでいる信頼できそうな鍼灸院を見つけました。
そこで、どう考えたら良いのか相談して決める事にしました。

そこは人気あるらしく、明日朝に予約取れるかどうかわかりません。



事件初日
なんの理由説明もなく、長期休業のご案内をしてしまいましたが、ある朝突然に起こったんです。

休み明けでこれからまた一週間が始まる水曜日の朝、朝食のコーヒーを、唇の横からこぼしそうになりました。
ハッとして、両手両足の感覚を確認しました。
脳梗塞や脳いっ血などとは違う事を確認。
右半分の顔の動きが悪い。
食べづらい。

もしかして、顔面麻痺? 
え?私が?
何で? 

臨時休業を決め、
当然、ネットで調べまくります。
原因は?
何科に行けばいいの?
できるだけ早い治療が必要らしい。

耳鼻咽喉科の管轄らしいので、またネットで近隣の安心できそうな医院を検索する。

一番乗りで診察、検査。
おそらくウイルス性ヘルペスによる顔面神経麻痺との事。
どこででも、処置は変わらないけど近くに顔面神経麻痺の権威がいるという病院を薦められ、紹介状と当日分の薬をもらい、そちらへ行くことにした。

こちらは総合病院ですが、仕事がテキパキしてます。
受付から検査までとてもスムーズ。
同じ検査をもう一度やり直し。
予約は取れていないので、診察までには二時間待ちました。

当日はその権威の先生ではなく、若いながらしっかりした感じの女医でした。

先程と同様の診断で、ステロイド治療が中心となる為、治療中は免疫力が落ちるので、入院してほしいとのこと。
ガビーン!(心の衝撃)

入院となると、仕事の段取りがたくさんあるので、翌日からの入院とした。

取引先への当面の支払いを済ませ、スタッフを呼んで、冷蔵庫の食材をワケワケ。
連絡すべきところへ各所連絡。
等々。

スタッフ達は、退院後再開まで待ってくれるとのうれしい言葉にひと安心。

近所の尊敬する大先輩から言われました。
「あなたは大事な人です。世の中に必要な人。大事な人は強くなければならない。」
この強いというのは、いつもそこにいる存在であること。
そのためには無理しすぎないことも大切であると教えていただきました。



饂飩きぬ川、しばらくの間休業します。再開時期が決まりましたらここにアップします。
店主衣川が明日より入院する事になりました。
体調不良が原因ですが、体自体は元気です。
深刻な病気とかではありません。

ただ、再開時期は二週間後か三週間後かは検査結果次第で、まだわかりません。

再開のメドがつきましたら、ここでお知らせします。

うどん巡礼の関係者の方々を始め、いろんな方々にご迷惑おかけしますが、ご理解よろしくお願いします。

饂飩きぬ川、今夜もお休みします。すみません。
今夜もお休みします。

申し訳ありません。
饂飩きぬ川、10/8(木曜)の昼営業はお休みします。夜は営業する予定でいますが、まだ未定です。開店メドが立ちましたらここでお知らせします。
すみません。

よろしくお願いします。
饂飩きぬ川、本日臨時休業します。予定していただいていた方々申し訳ありません。
体調的に不安な症状が少しあるので、病院行ってきます。

明日は営業できると思います。

よろしくお願いします。
京都・熊野酒造「久美の浦」しっかり美味しい飲み比べできます!
「玉川」の近くにある蔵です。
熊野酒造で買ってきていただきました。
大吟醸からひやおろしまで、一気に楽しめますよ♪