饂飩とお酒 からほり きぬ川
大阪市谷町7丁目のうどん屋「饂飩とお酒 からほりきぬ川」ホームページです。         谷町六丁目駅4番出口より徒歩約3分 谷町筋より空堀商店街を西に入ってください。
プロフィール

もうさん。

Author:もうさん。
大阪市中央区谷町7丁目6-35
06-6761-7744
(空堀商店街内)
11:20~14:00ラストオーダー(土日は14:30)
17:30~20:30ラストオーダー (麺売切れの場合はその時点で終了します)
定休日 火曜日と第一第三月曜の<夜>
地下鉄谷町線「谷町六丁目」駅4番出口より徒歩約3分



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



事件初日
なんの理由説明もなく、長期休業のご案内をしてしまいましたが、ある朝突然に起こったんです。

休み明けでこれからまた一週間が始まる水曜日の朝、朝食のコーヒーを、唇の横からこぼしそうになりました。
ハッとして、両手両足の感覚を確認しました。
脳梗塞や脳いっ血などとは違う事を確認。
右半分の顔の動きが悪い。
食べづらい。

もしかして、顔面麻痺? 
え?私が?
何で? 

臨時休業を決め、
当然、ネットで調べまくります。
原因は?
何科に行けばいいの?
できるだけ早い治療が必要らしい。

耳鼻咽喉科の管轄らしいので、またネットで近隣の安心できそうな医院を検索する。

一番乗りで診察、検査。
おそらくウイルス性ヘルペスによる顔面神経麻痺との事。
どこででも、処置は変わらないけど近くに顔面神経麻痺の権威がいるという病院を薦められ、紹介状と当日分の薬をもらい、そちらへ行くことにした。

こちらは総合病院ですが、仕事がテキパキしてます。
受付から検査までとてもスムーズ。
同じ検査をもう一度やり直し。
予約は取れていないので、診察までには二時間待ちました。

当日はその権威の先生ではなく、若いながらしっかりした感じの女医でした。

先程と同様の診断で、ステロイド治療が中心となる為、治療中は免疫力が落ちるので、入院してほしいとのこと。
ガビーン!(心の衝撃)

入院となると、仕事の段取りがたくさんあるので、翌日からの入院とした。

取引先への当面の支払いを済ませ、スタッフを呼んで、冷蔵庫の食材をワケワケ。
連絡すべきところへ各所連絡。
等々。

スタッフ達は、退院後再開まで待ってくれるとのうれしい言葉にひと安心。

近所の尊敬する大先輩から言われました。
「あなたは大事な人です。世の中に必要な人。大事な人は強くなければならない。」
この強いというのは、いつもそこにいる存在であること。
そのためには無理しすぎないことも大切であると教えていただきました。


スポンサーサイト